医院のご案内診療のご案内フォトギャラリーHOME

内分泌・代謝疾患 

主な対象疾患は糖尿病、高血圧症、高脂血症、メタボリック症候群などの生活習慣病や、骨粗鬆症、甲状腺疾患、副甲状腺疾患、副腎、間脳下垂体疾患などです。身体の正常な機能を保つためのホルモンを分泌している内分泌臓器は心血管や消化器にもおよびます。

高血圧症、高脂血症、糖尿病、骨粗鬆症の治療目的は、将来の心筋梗塞、脳梗塞、脳出血、視力障害、神経障害、腎機能障害や骨折を予防し、日常生活を生涯に渡って自分らしくすごすことができるようにすることにあります。いずれの疾患も初期には無症状の事が多い為、検診などを利用して、ご自分の健康状態をチェックされることをお勧めします。

【病気の説明】    高血圧症      高脂血症      糖尿病      骨粗鬆症      甲状腺疾患

こんな症状があればお早めにご相談ください

健康診断で糖尿病、高血圧症、高脂血症、メタボリック症候群などを指摘された方
甲状腺の腫れ(ワイシャツ・ブラウスの首まわりが窮屈になる)
甲状腺機能亢進症の場合:イライラ、不眠、手足のふるえ、大量の汗をかく、下痢、やせる
甲状腺機能低下症の場合:疲れやすい、だるい、眠い、髪の毛が抜ける、便秘、太ってくる

※甲状腺の病気は、症状が良く似ている更年期障害と間違われることがあります。「症状の重い更年期障害」でお悩みの方は一度ご相談ください。

特定健診

肥満の方に高血圧 糖尿病 脂質代謝異常を合併すると、動脈硬化に伴う疾患死亡率が2倍以上に高まることから、生活習慣の改善と早期の加療をすることが重要であることからはじまりました。症状が現れる前に、多くの方が特定健診を受診し、日常生活の自己管理をしていただくことが、将来の疾患予防につながり、医療費の削減となることと期待されています。毎日の仕事や生活にお忙しい方は、来院可能な時間に合わせて、予約しますのでご相談ください。

診療のご案内 > 内科・小児科一般 | 内分泌・代謝疾患 | 心身症 | 心理療法の紹介 | 検査・治療機器

Copyright © Suda Clinic. All rights reserved.  無断転載を禁じます