医院のご案内診療のご案内フォトギャラリーHOME

内分泌・代謝疾患 

高脂血症

血液中に脂質(コレステロール 中性脂肪)が増加した状態を高脂血症と呼びます。コレステロールには悪玉のLDLコレステロールと善玉のHDLコレステロールがあり、LDL高値 HDL低値の方は将来の動脈硬化に注意が必要です。中性脂肪が高値の方も、合併症を増やすとされ、糖質を中心としたカロリー制限と減量が必要です。

患者の持つ危険因子(年齢 糖尿病 喫煙 心臓病の家族歴 低HDL血症)の数が多ければ、血圧の目標値も厳しく設定されます。危険因子が多くて重いほど、動脈硬化に伴う脳梗塞 心筋梗塞などの合併症が生じる可能性も高く、生活の質を悪くさせてしまうからです。

糖尿病と同様に食生活の欧米化が、高脂血症を増加した一因といわれます。

島根県には、地元の魚介類や野菜があります。地産地消が生活習慣病加療の手助けとなればと願っています。

手助けとしての治療薬も多くありますので、自分にあった薬剤選択をしながら、将来も健康に生き生きとすごされるように願います。

診療のご案内 > 内分泌・代謝疾患 > 高血圧症 | 高脂血症 | 糖尿病 | 骨粗鬆症 | 甲状腺疾患

Copyright © Suda Clinic. All rights reserved.  無断転載を禁じます