医院のご案内診療のご案内フォトギャラリーHOME

内分泌・代謝疾患 

高血圧症

高血圧症の9割は本態性高血圧症といって、原因が特定できない高血圧ですが、残りの1割にホルモン異常分泌に伴う高血圧があります。ホルモン異常に伴う高血圧症の中には、副腎摘出術によって血圧・予後が改善される疾患があります。

こむら返りがおこる(低K血症) 発作性に血圧が上昇する 血圧が安定しない場合には、器質的疾患除外の為、一度ホルモンのスクリーニングが必要です。

患者の持つ危険因子(高脂血症 糖尿病 心血管病 慢性腎不全)の数が多ければ、血圧の目標値も厳しく設定されます。危険因子が多くて重いほど、動脈硬化に伴う脳梗塞 心筋梗塞などの合併症が生じる可能性も高く、生活の質を悪くさせてしまうからです。

自律神経の働きによっても血圧は変動します。高血圧症を指摘され、過度な不安が生じ、不安⇒血圧上昇⇒不安⇒高血圧 の悪循環を形成している場合もあるようです。変動性のある高血圧症の方はホルモン精査とともに、血圧の良かったときを記録してみてください。

現在では、多くの降圧薬がありますので、自分にあった薬剤選択をするとともに生活習慣を見直し、自信を持って毎日を過ごしてほしいと願っています。

診療のご案内 > 内分泌・代謝疾患 > 高血圧症 | 高脂血症 | 糖尿病 | 骨粗鬆症 | 甲状腺疾患

Copyright © Suda Clinic. All rights reserved.  無断転載を禁じます