医院のご案内診療のご案内フォトギャラリーHOME

内分泌・代謝疾患 

甲状腺疾患

橋本病:甲状腺は頸部に存在する約20gの臓器です。橋本病は1912年に九州大学の橋本策先生がはじめて報告した甲状腺疾患で、女性に頻度の多い疾患です。橋本病は甲状腺機能が正常であれば治療薬は不要ですが、甲状腺ホルモンが不足する場合には甲状腺ホルモンを補うことで正常者と同様の生活が可能な疾患です。

疲れやすい 便秘 寒がり 声がかすれる むくみといった症状や甲状腺腫から気づかれることがありますが、甲状腺ホルモンが不足していても無症状の方がおられますし、加療して初めて症状のあったことに気づき、疾患を自覚できたという方もあります。

甲状腺機能亢進症:バセドウ病とも呼ばれ、手の振るえ 暑がり 体重の変化 甲状腺腫 眼球突出で気づかれ受診される方が多い疾患です。

バセドウ病にはメルカゾールかチウラジールの薬剤を使用しますが、生活習慣の乱れやストレスにより、症状が安定しない場合もあり、ストレスコントロールが加療に重要です。

甲状腺腫瘍:頸部にしこりがあることで気づかれる事が多く、多くは良性疾患ですが、20%に悪性を認めます。診断・治療方針決定には超音波検査及び、甲状腺細胞診が重要です。 当院では予約の上、施行していますのでご相談ください。

甲状腺疾患の穿刺吸引細胞診:主として甲状腺内の結節性病変の診断として、午後2時~ 予約で施行しています。

診療のご案内 > 内分泌・代謝疾患 > 高血圧症 | 高脂血症 | 糖尿病 | 骨粗鬆症 | 甲状腺疾患

Copyright © Suda Clinic. All rights reserved.  無断転載を禁じます