第13回 世界糖尿病デー ブルーライトアップ が仁摩サンドミュージアムで開催されます!

11月14日の世界糖尿病デーは、世界に拡がる糖尿病の脅威に対応するために1991年にIDF(国際糖尿病連合)とWHO(世界保健機関)が制定し、2006年12月20日に国連総会において「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議(UN Resolution 61/225)」が加盟192カ国の全会一致で採択されると同時に、国連により公式に認定されました。11月14日は、インスリンを発見したカナダのバンティング博士の誕生日であり、糖尿病治療に画期的な発見に敬意を表し、この日を糖尿病デーとして顕彰しています。

引用:http://www.wddj.jp/01_howto.htm

第13回 世界糖尿病デーが 仁摩サンドミュージアムで 11月17日 日曜日 14時から20時までを予定として ブルーライトアップおおだ実行委員会主催 で仁摩サンドミュージアムで開催されます。

テーマは 「楽しい毎日を過ごすために」 

大田市立病院の清原先生 糖尿病栄養指導士をはじめとする 実行委員会が中心となって今から準備に追われています。

大田市仁摩町農村改善センターでの糖尿病について タメになる面白い講演も予定されています。

多くの人にご参加いただき、糖尿病にならない なっても自信の持てる 楽しい毎日 となりますようにいたしましょう!