生まれながらに備わっている自然免疫

【PCR陽性者の隔離 ≠  感染の防止?】

 1983年にキャリー・マリスが開発した、数個の遺伝子を増幅して検出しやすくする技術PCR(Polymerase Chain Reaction) がノーベル賞を受賞したのを機に分子生物学を用いた研究手法が一挙に広がりました。新型コロナ感染者をみつけるためにこのPCR技術が使われていますが、コロナウイルスは1本鎖のmRNAですので、実際には、酵素 (RT) を用いてDNAに変換して検出するRT-PCRという一手間かかる手法が取られています。また、PCRは研究を主体に用いる技術で、一般臨床に用いるにはさまざまな点で留意すべき事があります。問題にならない感染力を失った 遺伝子断片や似た遺伝子を増幅する偽陽性の問題から、キャリー・マリスはRNAウイルスの検出に使ってはならないと指摘しています。 私がRT-PCRを用いた研究をしていた体験(サイクルをあげると断片や似たものを拾う)や、他に感染させる可能性のない陳旧性 肺結核の方から得られたPCR陽性結果に翻弄させられた経験などからも、PCRをRNAウイルスの検査として無症状者にまで拡大して一般の臨床に用いている状況には違和感を覚えます。

【隠された自然免疫】

 すべての人は風邪ウイルスをもらっても、喉や気管支の粘膜などの生まれながらに備わっている自然免疫によって守られています。ウイルス の感染力が強いほど、多くの人が感染しても無症状〜軽症が多いのは、生まれながらに備わっている自然免疫によって守られている為で自然免疫を介した集団免疫があることにも注意を向けて欲しいです。  強毒なウイルスを恐れる事は必要な防御行動の一つですが、新型コロナウイルス対策としてとられてきたこれまでのやり方は、自然免疫に ついての情報を遮断して、現在のコロナとの付き合い方についての議論ができないままに、不安を煽り、無症候で元気な方まで隔離し、 特例承認のmRNA製剤と新型コロナ薬に偏ったものに思えます。  このことは、自分の中に生まれながらに備わっている免疫機能を無視し、ひいては自己効力感を逆に低下させる事につながるように思えます。

【劇薬・特例承認・治験中製剤 ≠ ワクチン

 私たちは、教育・学習、メディアや体験を通した情報から物事を認識しています。経験したことも学んだこともない事柄については、 適切に認識できない為、判断できる様々な情報が必要です。しかし、これまでの固定された枠組みの中では、新たな情報を得る事が困難です。 「ワクチン」という言葉からは、これまでに接種した既存のワクチンを想像し、接種することでの利益がリスクをうわまると認識します。しかし、新型コロナワクチンと呼ばれる製剤は、劇薬・特例承認・治験中製剤で、これまでに体験してきたワクチンとは異なる仕組みのものです。劇薬は、 14歳未満の者や安全な取扱いをすることに不安を認める者への販売や交付は禁じられていますが、特例承認のもと医師の判断によって可能となっているもので、 正しく判断される必要があります。 新型コロナワクチンは、自然界にはない遺伝子組み換えしたmRNAを脂質粒子でコーテングし、これまで使われていなかったポリエチレングリコールを利用したもので、ひとに投与する有用性も十分確認できていない治験剤です。健康を守る一次予防としてこれを推奨することはできず、私は、ワクチンとは呼ばずに遺伝子製剤とお伝えしています。 遺伝子製剤は、新型コロナだけに絞れば、数ヶ月間に限って有効だとするデータは報告されていますが、接種から8ヶ月では、接種していない方より も免疫力が低下するとの論文もあります。海外の接種率と感染者数のデータや、当院で経験した症例は、これを裏付けるものになっており、これからの接種 をしなくとも生まれながらに備わった免疫に信頼をおく事、体に良い食事、適度な運動と目標に向かった自律した行動が健康維持につながるものと考えています。